| Home | Top |

大会事務局

  • 〒753-0814
    山口市吉敷下東3丁目1番1号
    山口県総合保健会館4F
    一般社団法人山口県薬剤師会内
  • Tel:083-922-1716
    Fax:083-924-7704
    mail:office@yama-yaku.or.jp

プログラム

朱書きのイベントについて事前申込みいただけます。


11月12日(土)
≪10F国際会議場≫
17:20〜18:50 90分
特別講演1(WEB併用)

座長:小屋敷淳子(山口県薬剤師会副会長)
演題:「進みゆく医療DXと薬剤師」
講師:渡邊大記先生(日本薬剤師会副会長)

JPALS研修コード:35-2022-0071-101
11月13日(日)
≪1F展示見本市会場≫
9:00〜9:45 参加者受付
9:45〜10:00 15分 開会の辞
主催者挨拶
 山口県薬剤師会 会長 吉田力久
共催者挨拶
 山口県病院薬剤師会 副会長 尼崎正路
10:00〜11:30 90分
特別講演2

座長:寺戸功(山口県薬剤師会副会長)
演題:「令和4年度報酬改定を振り返って調剤報酬体系を考える」
講師:有澤賢二先生(中央社会保険医療協議会委員・日本薬剤師会理事)

JPALS研修コード:35-2022-0072-101
12:00〜17:00 225分 健康エキスパート薬剤師による健康測定・健康相談会
※一般県民対象
12:00〜17:00 225分 健康エキスパート薬剤師によるオンライン健康相談会・講習会
※一般県民対象
12:00〜12:45 45分
教育セミナー

座長:原洋司(山口県薬剤師会常務理事)
演題:「脱水症対策と経口補水療法のすすめ〜知っておきたい、水分補給の重要ポイント〜」
講師:利根義人先生
(椛蜥ヒ製薬工場OS-1事業部 営業部学術担当(兼)お客様相談センター センター長)

JPALS研修コード:35-2022-0073-101
13:30〜14:45 75分
県民公開講座

座長:吉田力久(山口県薬剤師会会長)
演題:「多職種連携における薬剤師と弁護士の役割〜多くの成年後見事例を振り返って〜」
講師:中山修身先生(中山・石村法律事務所弁護士)

JPALS研修コード:35-2022-0074-101
15:00〜16:30 90分
シンポジウム1「山口県健康エキスパート薬剤師 統一健康サポート研修会」

座長:川上英宏(山口県薬剤師会常務理事)
講演1:「薬学的な健康サポートの推進に向けて」
 講師:矢野理史先生(山口県薬務課)
講演2:「食問題は生活相談から(仮題)」
 講師:松村史樹先生(所属:食のこんしぇるじゅ)
講演3:「県民へのフレイル対策」
 講師:大庭尚子先生(山口東京理科大学共通教育センター講師)
 ※実技を伴いますので、動きやすい服装でお越しください。

JPALS研修コード:35-2022-0075-101
11月13日(日)
≪9F海峡ホール≫
9:50〜10:50 60分
薬学的サイエンスカフェ

座長:内田豊(山口県薬剤師会副会長)
第1部:薬局、病院若手薬剤師の講演
第2部:パネルディスカッション
12:30〜13:20 50分 学生昼食
13:20〜14:20 60分
県内定住を考えるワークショップ

第1部:講話とトークセッション
 講師:中井清人先生(厚生労働省医薬・生活衛生局医療安全対策課長)
第2部:参加学生との質疑応答
15:00〜16:30 90分
シンポジウム2(山口県病院薬剤師会)

テーマ:「専門・認定薬剤師の現状とこれからの展望〜認定取得に関心のある皆さんへのメッセージもこめて〜」
座長:尼崎正路(山口県病院薬剤師会副会長)
   高砂美和子(山口県病院薬剤師会専門認定委員会委員長)
1 シンポジスト講演(15分×4)
 ・名和田幸介先生(山口県立総合医療センター)
 ・林幹也先生(済生会山口総合病院)
 ・西嶋祐也先生(済生会下関総合病院)
 ・川崎美紀先生(よしみず病院薬剤部長)
2 情報提供 座長:高砂美和子(10分)
3 総合討論(20分)

JPALS研修コード:35-2022-0076-101
11月13日(日)
≪10F国際会議場≫
11:00〜12:30 90分 合同企業研究セミナー第1部
14:30〜16:00 90分 合同企業研究セミナー第2部
▲PAGE TOP