薬の知識

一般社団法人 山口県薬剤師会

山口県吉敷下東3丁目1番1号

Tel:083-922-1716
Fax:083-924-7704
office@yama-yaku.or.jp

薬の飲み方と注意

■薬を飲む時間

薬を決められた時間にのむことには、理由があります。 薬はのんでから体外に排泄されるまでに、一定の時間が必要です。そして、排泄されるまでは薬の効果が続きます。時間をおかずに2回の薬をのめば、血中濃度が必要以上に高くなるし、時間をあけすぎれば、血中濃度が低くなり、持続的な効果は期待できなくなります。治療に必要な血中濃度を保つためには、決められた時間に、決められた量をのむことが必要なのです。

食前食事をとる20~30分前
食後食事の後30分くらいの間
食間食事と食事の間、前の食事の2~3時間後
食直後食事が終わったらすぐに
○○時間毎に食事に関係なく、一定の間隔で
とんぷく痛いとき、熱が高いとき、眠れないときなど必要に応じて

■薬を飲むときはコップ1杯の白湯で

薬を水なしでのむと、薬が食道に引っかかって、食道の粘膜を荒らし、食道炎を起こしたり、潰瘍ができることがあります。胃の中で薬が速やかに溶けるためにも水分が必要です。
また、水よりもぬるめの白湯は、胃の温度を下げないので、胃の活動が妨げられず、吸収が速くなります。特に、胃の悪い人は、水よりもぬるめの白湯でのむほうがいいでしょう。なるべくコップ1杯くらいの量でのみ、吸収をよくするように心がけて下さい。


■薬はアルコールと一緒に飲まない

アルコールと一緒にのむと、一般に薬の吸収が促進されます。そのため、薬の作用が強くですぎることがあります。薬の服用前後にアルコールをのむのも同じことなので、避ける必要があります。

特にこれらの薬は要注意!!
 ・睡眠薬、精神安定薬など
 ・痛み止め、解熱薬
 ・抗ヒスタミン薬