薬の知識

一般社団法人 山口県薬剤師会

山口県吉敷下東3丁目1番1号

Tel:083-922-1716
Fax:083-924-7704
office@yama-yaku.or.jp

薬の飲み方と注意(高齢者)

■薬と高齢者の日常生活

高齢者はさまざまな体調の変化がおきやすくなります。

たとえば、
 ・尿が出にくくなる
 ・目がぼやける
 ・足もとがふらつく
 ・食べ物の味がわからない・・・など

もしあなたにこれらの症状が出たら、「年をとったためだ」とか「病気になったかもしれない」などとすぐに思いがちではありませんか?
しかし、これらの体調の変化は、薬でおこる可能性もあるのです。
もちろんすべて薬のせいだとはいえませんし、病気を治すために飲んでいる薬ですから、こわがって勝手に薬をやめるのは好ましくありません。
薬をのむようになってからの体調の変化は、老化現象だとか年のせいだとか、ご自分で判断せずに、医師や薬剤師に伝えるようにしましょう。


■飲む量・期間を守りましょう

医師から処方された薬をのんでいて、症状がよくなったので薬をやめた・・・こういった自己判断は危険です。症状が軽くなっても病気そのものが治っていない場合があり、治りかけた病気をまたひどくすることもあります。さらに、高血圧や糖尿病の薬などは、急に薬をやめると危険な場合があります。
また、薬は飲む量を半分にしたら半分だけ効く、倍のめば効果も倍、ということはありません。医師は「患者さんが決められたとおりきちんと薬ののんでいる」という前提で治療の計画を立てます。勝手に薬をのまないでいると、薬が効いてないと判断し、より強い薬に変える場合も出てきます。
のむ量や期間はきちんと守りましょう。

<一口メモ>
お年寄りが自分で薬を管理することが困難な場合は、家族や周囲の人が工夫して、薬の管理をおこなったほうがいいでしょう。
例えば、薬をすべて、朝、昼、夕などの、のむ時間ごとに分けます。1回分ずつをまとめて、日付と服用時間を書いた、仕切りのついた空き箱などに整理します。
市販のおくすりカレンダーを利用されてもいいでしょう。